たんぽぽ茶の効能はたくさん!

tanpopo

たんぽぽ茶の効能わ本当にたくさんあります。

よく母乳の出が良くなると聞いていたのですが、私も出産後たんぽぽ茶を購入して飲んでいたらすごく胸が張って、本当に母乳の出が良くなってびっくりです!!

その他、不妊や冷え性などに効果があります。

たんぽぽ茶を飲む事で排卵しやすい体作りができるようになったり、毛細血管での血液循環を促進させる作用があるので血行が良くなり冷え性改善になるそうです。

私は元々、母乳の出を良くする為にたんぽぽ茶を購入しましたが、いつのまにか冷え性も改善されていました。

本当にオススメです。

まだまだ効能はたくさんあり、便秘解消、疲労回復、むくみ改善、乳腺炎予防、生理痛の改善など、女性にとってわとても嬉しく人気があると思います。

また、たんぽぽ茶のお味も、コーヒーに近い味がするお茶なので、妊娠中で飲めないといったお母さんにも嬉しいはずです!

そこで安全性なのですが、現在日本で流通しているたんぽぽの根はほぼ全て中国産だそうです。

私はオーガニックのものを選びましたがきちんと日本の安全基準を満たしているメーカーのものを選ぶことをオススメします。

私は少し値段が高いのを飲み続けていますが本当に効果があらわれるしホルモンバランスやなにより産後の私には母乳の促進が助かっています!!

これからもたんぽぽ茶にお世話になります。

たんぽぽ茶の情報が詰まった一番のお気に入りサイト→ノンカフェインたんぽぽ茶&たんぽぽコーヒーのおすすめはコレ!

糖尿のお話しをしております

最近にインシュリンを打つ時間を変えました。

というのも、単位が強すぎて、お腹の一部分が出すぎてしまうのです。

となると、時間をずらして、極力人目を浴びるような時には、お腹のインシュリンを減らしておかないといけないわけじゃないですか。

と考えて、正午、午前のゼロ時に打つ事に決めました。

そうすると、お腹がへっこむかというと、まあそれはないと思ってもいいですね。
気持ちの問題だと思います。

それにしても、インシュリンさえなければ、僕はお腹は普通の、普通の体形になるのですけれどね。

日本人の三人に一人が糖尿病だという事ですから、どうしようもないので、これは開き直るしかないですね。

自分の知り合いで2型を3人、1型を1人知っていますけれど、それくらい、糖尿って多いのだなあと思っています。

1型は長生きしないと父は言っていましたが、気をつければ、ちゃんと寿命まで生きるのではないでしょうかね。

分かりませんけど、その教育を多分1型の人は、子供の頃教育されると思います。

元は凄く良い人が多いですよ。

キレると怖いですけど。

どちらにしても、災難だとしか言いようのない糖尿病ですが、コンビニ食だったり、ちゃんと栄養に気を遣って長生きしたいものですね。

芥川賞受賞!『コンビニ人間』を読んでみました。

芥川賞は堅苦しい変わった小説というイメージを覆した村田沙耶香さんの傑作

芥川賞というと、小難しくて高尚でとても読みづらいというイメージがあります。

そのイメージを最初に壊したのは、『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹さんでしょう。

私は火花も読みました。これは芸人さんという独特な世界で生き抜いて今も第一線で活躍する又吉さんだから書ける作品で、人情味溢れる登場人物の描写が好きでした。

ただ、夢に人生を賭けた稀有な人にしか書けない小説で、やはり芥川賞というものは特別なものだという私の感覚は変わらないままでした。

又吉さんの受賞で次の芥川賞は誰が受賞するのだろう、また特別な物語を書く人なのだろうかと思っていました。

村田沙耶香さんの『コンビニ人間』を読み進めていくうちに、一見、普通に見える平凡そうな人の日常をこれほど、興味深く書ける人がいるのかと、驚きながら通勤のバスの中で一気に読み進めてしまいました。

世間体や多数派の価値観に苦しむ主人公

舞台となるコンビニそのものがありふれた日常の代名詞のような場所です。主人公の仕事熱心さに感心しました。

普段何気なく利用するコンビニの仕事の舞台裏が描かれていて、こんなに大変なのかと素直に驚きます。

主人公は正社員でなくフリーターであること、彼氏がいないことで、多数派の人達から無遠慮で無神経な発言を度々されます。

二十代の頃ならば若さと勢いで無視出来ていた、世間体というものに苦しめられます。

同じような生きづらさを抱える元同僚に主人公は出会い、その同僚からとんでもない取り引きを持ちかけられます。

世間体を繕うために同棲するというとんでもない提案を主人公は受け入れてしまいます。

そして、元同僚は無職の引きこもり状態で、彼女が彼を養うようになります。

コンビニのアルバイトだけでは二人で食べていけないので、元同僚のススメで主人公は正社員への転職面接を受けに行きます。

世間の価値観にNOを突きつける主人公

いよいよ正社員への転職を賭けた面接というその直前に主人公は近くのコンビニに寄ります。

整理整頓されていない商品棚を見て無意識の内に売れ筋の商品を目立つところに移して、商品棚を整え始めます。

この辺りの描写は学生時代にコンビニでアルバイトをしたことのある私は、わかるこの気持ちと思ってしまいます。

私は今でも棚から飲料を取るとき、隣の飲料が商品の正面を向いてないとつい直してしまうんです。

そして、主人公は面接をすっぽかして、元同僚を追い出した主人公はまたコンビニのアルバイトへと戻っていきます。

自分の居場所はコンビニにしかないと思い込んでいるところが少し病んでいるなと思いつつも、この主人公に共感してしまうのです。

正社員でなくてもいい、彼氏も結婚もしたくない、世の中の三十代の女性が世間体を気にして、言えない、思っていても実行出来ないことを思い切ってやってしまう主人公に小気味良さを感じます。

安くて便利な商品は安い労働力に支えられている

コンビニ人間を読んで、安くて便利な商品を支えているのは安い労働力で、私たちはその恩恵を享受しながら、自分だけは身分が保障された正社員であり続けようとする。人間とはなんとも、自分勝手で浅ましいものだなと思いました。自由競争、自己責任という言葉を免罪符にして、ちゃっかり24時間いつでもなんでも手に入るコンビニで買い物をしています。日本の労働問題を考えさせえられる小説です。

動画を見たりしていました

ラジオの動画を見ました。声だけではなく、映像もあるのですごく嬉しかったです。

ほとんどがダンスをしたり、歌ったりしているラジオがほとんどでした。それがすごく面白くて、今までで1番面白かったと思うくらいでした。

また機会があれば、動画を見たいなと思いました。そして、19時くらいから放送されている動物の番組を見ました。最初に、新企画をやっていました。次に犬を飼うコーナーをやっていました。今回で、最終回でした。カワウソや犬などいろいろな動物が出ていました。

そして、晩ごはんを食べました。コンビニで買ってきたものを食べました。メンチカツと焼き鳥を食べました。メンチカツは、ソースが付いていたのでソースをかけて食べました。焼き鳥は皮を食べました。しかし、脂が多いなと思いました。ももの方がいいかなと思いました。

そして、20時前から放送されているバラエティー番組を見ました。今回は、ハリー・ポッターの人気の秘密を大解明していました。作者の伝えたかった意外なことがあったそうです。

ハリー・ポッターは見たことがあるので、また見たいなと思いました。新しい映画もあるみたいなので、見たいです。

次に予防と治療が最も難しいすい臓がんについてやっていました。がんの中でも見つかりにくく、生存率が低いそうです。

前から知っていましたが、ここ10年では医療が進歩しているそうです。そして、21時から放送していたバラエティー番組を見ました。

このバラエティー番組は、ある町を特集している番組なんですが、今回は茗荷谷を特集していました。

茗荷谷は行ったことがありますが、知らないところばかりでした。いろいろなお店があるんだなと思いました。まずは、ジェラート屋さんが出ていましたが変わったのがたくさんあって美味しそうでした。次は、洋食店が出ていました。思っていたよりも値段が安くて意外でした。

次は、チョコレートを売っているお店が出ていました。変わったチョコレートがたくさんあって、おしゃれなお店でした。次は、ロシア料理の名店が出ていました。

ボルシチやビストロガノフなどがありました。こうやって見てみると、個性的なお店がたくさんあるなと思いました。そして、勉強をしました。

まずは、走高跳についてです。助走の時の腕と足の動きを空中でも続けて行います。三段跳はデブス三段跳びがあります。

斜め前方を目がけて跳び下ります。次は、砲丸投です。砲丸投はオブライエン投法があります。低く構えて右足で地面を後方に押します。

右足を軸にします。そして、肩と腕で突き出します。次は、円盤投です。からだの回転によって生じたスピードを利用して投げます。

立ち投げから始め、慣れてきたら1回と4分の1(450度)回転のターンを行います。サークルの直径は2.5mです

。回転して投げる種目は、危険防止に対する配慮が必要です。投げる際には、十分注意することです。とても勉強になりました。

デニッシュドーナツを食べた

デニッシュドーナツというのを食べました。外側は、粉砂糖がかかっていました。

粉砂糖がかかっていたので、より美味しく感じました。そして、あるアーティストのライブをテレビでやっていたので、見ました。

そのアーティストのライブは、初めて見ました。偶然にもチャンネルを変えていたらやっていました。

知らない曲もありましたが、中には知っている曲もありました。振り付けを知っている曲があったので、少しだけ踊ったりしていました。

テレビでやっていることは滅多にないと思うので、見れて良かったです。そして、アニメを見ました。ポケットモンスターを見ました。前にあったのを見ました。見ていると懐かしいポケモンばかり出てくるので、懐かしかったです。

明日もあるので、楽しみにしています。そして、パンを食べました。

ソフトフランスパンを食べました。中には、クリームが入っていました。また機会があれば、食べたいなと思いました。そして、19時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。このバラエティー番組は、いろいろなゲームをする番組なのですが、今回はある映画に出ている人たちが出ていました。

特別企画もやっていました。そして、晩ごはんを食べました。今回は、冷凍食品のお好み焼きを食べました。

中には、焼きそばが入っていました。お好み焼きは、すごく久しぶりに食べました。削り節とお好みソースをかけて食べました。

そして、20時前から放送されているバラエティー番組を見ました。今回は、実録事件ファイルというのをやっていました。

壮絶なる人生ドラマでした。恐ろしい事件だなと思いました。そして、勉強をしました。ハンドボールについて勉強しました。

安全に対する留意点は、プレイ中はボールから目を離さないようにします。爪を伸ばしたままでプレイをしないようにします。

練習中は、コート内にはボールをころがしておかないようにします。ゲーム中よく使われるのがステップシュートとジャンプシュートです。

ステップシュートはゴールに背中を向け、ほの反動を利用してシュートします。ジャンプシュートは左足で踏み切る場合、右足は左足より前に出ないようにし、膝を曲げて横に開くようにします。ランニングシュートは、走りのリズムのなかですばやくシュートします。

インラインの原則はオフェンスと、自分のキーパーとの間に常に位置します。パスとキャッチは、よい条件でのシュートにもちこむための、手段的な技術です。パスとキャッチが目的や状況に合わせて正確にできるようになると、いろいろなプレイが可能になってきます。

ショルダーパスは、ボールを耳の後ろにもっていきます。他には、プッシュパスがあります。キャッチは、指を上にして手のひらをボールに向けてセットし、キャッチする瞬間に手首を手前に返します。ボールの持ち方は親指と小指で持ち、あとの指は支えるだけにします。

ディフェンスの基本は、相手がボールを持ったら接近して守ります。勉強になりました。